奈良県 生駒市 株式会社ダイドー 軟包装〜紙器 包装資材の印刷 製造

TOP > 会社案内 > CSRレポート

CSRレポート

社会へ、次代へ。包装資材メーカーとしての責任。

環境対策

環境に配慮した設備でクリーンな企業活動を展開。

環境保全に向けてグローバルな対策が施され、各企業の社会性や責任が問われる中、ダイドーでは工場創設より脱臭装置を完備。また2009年には空調システムを一新し、最新鋭の設備を採用するなどクリーンな環境づくりに努めています。

脱臭装置

◎大気汚染防止

ハニカムタイプの白金触媒を採用した触媒燃焼式脱臭装置を設置。最高レベルの脱臭効果を上げるとともに、VOC(揮発性有機化合物)の大気中への排出・飛散を抑制。クリーンな環境づくりに努めています。

◎CO2排出量削減

工場内の空調システムを見直し、最新鋭の設備を導入することで、CO2の排出量を約3分の1にまで大幅に削減。地球温暖化の抑制に貢献しています。

◎廃棄物リサイクル

製造過程で発生する廃棄物の分別処理を行うと共に、高カロリーな固形燃料へと再生するなど一歩進んだエネルギーリサイクルにも取り組んでいます。

品質管理

高い意識と厳しい品質管理でダイドークオリティを確立。

「ものづくり」をするうえで、お客様に満足いただける製品をお届けする為に製品、半製品の調査や分析・データ収集など、より良い製品づくりを心掛けています。
また、お客様へお届した製品にご指摘を頂いた場合は、いち早くトレースを行い、危険範囲を特定し、各調査から原因の特定を行い手順の見直しや指導・教育など対策に取り組み、必要時には各関係者を交えて緊急品質会議を開催しています。
同様に、社内で発見された指摘内容にも同じように活動しています。
その他、各部署単位の月例品質会議を開催し、品質維持若しくは品質改善の為に取り組んでいます。

◎衛生管理

良い製品をつくる為には、作業場が作業者にとって作業がし易い環境であることが前提です。その為に毎日各作業場を不衛生な箇所や不衛生な行為がないかを巡回しています。
また、月に1回衛生会議を開催し、作業環境の見直しを行っています。

◎安全管理

弊社の取り扱う機械は全て高速稼働し、またそれ以外にも作業者の慣れ合い行為や、老朽化・使用頻度の多いものなどに危険が潜んでいます。これらによって、作業者が怪我などしないよう衛生管理と共に毎日各作業場を巡回し、未然に危険を抽出して安全な職場づくりを目指しています。

◎防虫管理

弊社で取り扱う製品はほとんどが食品を保護する為の製品です。その製品に虫が混入したりしては一大事に繋がりかねません。その為毎月定期的に各所に設置した補虫機をモニタリングし、対策をとって虫の進入0を目指しています。

◎安全衛生会議

毎月各部署長が、他部署に出向いて3Sの徹底具合や安全管理・衛生管理の徹底具合をパトロールします。その場で指摘のあったことは、当該部署長へその場で報告して改善を指示しています。
そのパトロールで指摘のあった内容などを中心に、毎月の安全衛生会議で取り上げ検討・見直しを行い、共有化してより良い製品づくり、職場づくりを目的とした改善活動を行っています。

◎エアシャワー

工場入室前に作業着に付着した毛髪やほこりなどをエアで吹き飛ばし、工場内に持ち込まない工夫を凝らしています。

◎欠点検出機

印刷機やアウトラインに検査機器を設置。加工中に発生した異常や混入した異物などをカメラによって検出します。

◎ISO9001/軟包装衛生協議会認定工場

1992年、軟包装衛生協議会の認定工場 (衛生的により安全に管理された工場)第115号を受けました。
さらに2001年にはISO9002を、2003年にはISO9001を取得しました。

 
エアシャワー   欠点検出機
 
軟包装衛生協議会認定工場   ISO9001

Page Top